採用情報
HOME採用情報TOP社長からのメッセージ|仕事の紹介|採用データ|採用までの流れQ & A
社長からのメッセージ
仕事の紹介
採用データ
採用の流れ
Q&A
お問い合わせ

マイナビ
仕事の紹介

営業
事務職

入社2年目 営業社員A君

営業活動は、ルート営業中心に週間スケジュールに沿って1週間活動します。
お客様によって、毎回違う問合せをしてきたり、商談もありますので、なかなかスケジュール通りに活動できませんが、柔軟に対応してお客様とコミュニケーションをとっています。

1日のスケジュール

時間
内容
詳細

07:30

愛車で出発

家から30分ほどかけて会社へ向かいます。
ギリギリまで寝ていたときは、車の中で朝食を済ませます。


08:05

会社へ到着

お客様から届いている注文FAXの確認を行います。
自分が担当しているお客様からの
注文を発注します。


08:30

朝礼

営業所の従業員全員で、年度方針を唱和。
自分の目標もこの時言います。
本社からの連絡や全体の業務連絡なども、朝礼で連絡します。


08:40

営業会議

朝礼が終わったら営業社員が集まり、前の日の営業内容を所長や先輩に報告することで、営業活動の特別事項(連絡事項)・情報を共有します。
先輩からの情報はすぐに書き留めて、役に立てるようにしておきます。


09:00

営業活動(午前の部)

資料や受注表を用意して営業車で出発!
主に、その日の午後に納品するお客様へ注文をとりに伺います。
受注の他、納品や商談が発生することもあります。


12:00

営業所へ戻り、
昼食・休憩

持参したお弁当や給食のお弁当を
営業所でとります。


13:00

営業活動(午後の部)

午前に引き続き、担当しているお客様のところへ営業活動に向かいます。
午後受注した商品は、翌日の午前中にお客様にお届けします。


16:30

帰社

お客様から問合せをもらった商品を探したり、メーカーへ問い合わせたり・・・


19:30

帰宅

一日中頑張った日は、
心地よい疲れを感じながら帰ります。


職場の雰囲気

職場は、若い人が多いので話も合い、仕事での悩み・相談もしやすくスムースに仕事が進みます。
プライベートの話も聞いてくれる先輩がいたり、明るい環境で働いているので、
悩むことはあまりありません。


社会人になって変ったこと・必要なこと

1つのお客様を任されるわけですから、責任を持って対応しなければなりません。
社会的信用が発生した反面、責任感が伴うようになりました。
廻りの人たちも1人の社会人として接してくれますので、行動や言葉遣いにも、
気を配るようになりました。


ページTOPに戻る

入社2年目 事務職Yさん

主な仕事は、お客様からの注文を伝票におこし、納品するまでの仕事です。
伝票・ピッキングリストの発行、欠品処理、電話対応、営業さんのアシスタントなど日々、いかに仕事を迅速に、且つ正確にこなせるか考えながら取り組んでいます。

※ピッキングリスト…お客様からいただいた注文の商品を倉庫のどこから持ってくるか書いてある帳票

1日のスケジュール

時間
内容
詳細

08:15

出社

注文のFAXの配布と確認、書類整理に電話に追われながら、机の廻りを掃除して。。。。
朝から脳がフル活動。


08:30

朝礼

営業所全員で会社の年度方針を唱和します。
この朝礼で業務連絡や1日のスケジュールを
確認します。


08:40

業務開始

伝票・ピッキングリストの発行。
書類整理に電話の対応!来客者の対応にFAX注文・伝票入力・・・正直、てんやわんやです。


11:30

昼食

あっというまに、昼食の時間。
とても楽しい賑やかな雰囲気で、爆笑しすぎて怒られることも!?


12:30

業務開始

午前中の仕事に加えてオンライン受注処理や欠品処理もこなさなくちゃいけません。
欠品処理は、お客様にできるだけ迷惑を掛けないように迅速な対応が必要です。
このときばかりは、笑顔が消えます。。。


請求業務、伝票整理。
月末や締め日が近くなると、スピード命です。
急げ〜〜〜!


18:00

帰宅

営業さんへの連絡事項に整理整頓。
翌日の仕事の段取りと準備の確認。


職場の雰囲気

内定〜入社するまでは、「職場の雰囲気はどんな感じか」「どんな人達がいるんだろう」とか不安でしたが、営業所は明るく活気があり、やさしく声を掛けてくれる人たちばかりで、わからないことなども、丁寧に教えてくれる先輩が多い職場です。


社会人になって変ったこと・必要なこと

時間をとても大切にするようになりました。
仕事でも、私生活でも学生の時と比べてとても早く時間が過ぎてしまいます。
自分の判断で、行えることも増えて時間を有効に使えるように考えて生活するようになりました。
与えられた仕事をキチンと責任を持ってやらないと、会社だけでなくお客様にも迷惑が掛かってしまい、信用をなくしてしまいます。
仕事をする上で”責任を持つ”ということはとても大事なことです。


ページTOPに戻る

COPYRIGHT(C)2007 K.K. Shizuoka Sangyosya INC, ALL RIGHT RESERVED